※弊社では、国土交通省 航空局様より、新潟県全域での飛行申請を許可いただきました。
【「人又は家屋の密集している地域の上空」を含む。】

お手軽価格で、ドローン空撮
新潟のドローン空撮は
おまかせください

上空から見る画像は、予想を超える風景や躍動感を演出してくれます。
心に残るイベントの思い出に、「感動」というテイストを際立たせる良質なスパイスが「ドローン空撮」です。
身近になった「ドローン空撮」で「感動」の思い出を残してください。
インフォースが、お手軽価格で新潟のドローン空撮を承ります。

私たちの撮影はここが違う!!

申込み翌日でも
撮影可能

小型マルチコプターによる撮影の為、お申込み翌日の撮影にも対応できます。

  • ※天候などの条件により、撮影できない事があります。
  • ※国交省の飛行禁止条件に適応する飛行および撮影には、10日前までの申請及び承認が必要です。

安定した画像
しかも高解像度

専用ジンバル搭載の機体により、安定した画像で撮影できます。

解像度は
動 画:FHD 1920×1080 p60
4K動画:UHD 3840×2160 p30
静止画:4000×3000(12M)の
高解像度で撮影できます。

また、静止画では「DNG」データにより、解像度を保持したまま、レンズ歪みの補正が可能です。

小型マルチコプターで
安全に撮影

小型マルチコプターでの撮影の為、危険を伴うことなく1m程度の至近距離から、100m以上の上空まで撮影が可能です。
また、飛行音も小さく、子供たちも怖がらないので、生き生きとした姿を撮影する事ができます。

  • ※必要に応じて、プロペラガードを取り付けて撮影を行います。(無風時)
  • ※弊社のマルチコプターは賠償責任保険・動産保険に加入しています。

こんな用途で使用されています!!

※弊社では、国土交通省 航空局様より、新潟県全域での飛行申請を許可いただきました。
【「人又は家屋の密集している地域の上空」を含む。】

「ドローン空撮」は、上空からのビデオや写真を簡単に撮影できる実用的なツールとして、様々な用途で使用されています。
高高度から広範囲を見渡す鳥瞰画像や、人が立つ事の出来ない水面等から堤防や川岸への撮影は、既に様々な公共調査などに使用されています。
風景やイベントの撮影では、人の目線より少し高い高度から中高度(10m~50m)は、
魅力的なアングルの宝庫とも言える空域で、「いつもの光景」が「感動の光景」に変貌します。
新潟のドローン空撮はぜひインフォースにおまかせください!

イベントの記録として空撮

地域や町内会などのイベント記録として、ドローン空撮を使用すれば、催し物だけでなく、上空から会場や周囲の様子も記録できます。
目線高度から上空へ駆け上がり、周囲の賑やかな様子の撮影は、「ドローン空撮ならでは!」の映像です。

季節の風景空撮

春のお花見、夏の海や川、秋の紅葉、冬の雪景色などの空撮映像を、故郷を離れたご家族や友人に送りましょう。
スマホやハンディービデオの動画も合わせた、近況報告ビデオも素敵な贈り物になると思います。

企業PR用ビデオ

社員や社屋を空撮で撮影。 周囲の自然環境なども交えれば、美しい企業PRビデオが作成できます。
農業組織様では、圃場や作業の空撮に合わせて、水源、水路や作物の上を低空で飛行する撮影もドローン空撮の特徴的なシーンです。

山間地調査・撮影

急傾斜地・地すべり調査など、斜面や全景の写真撮影を行っています。
住宅に隣接した斜面などは、住宅上空から真下に向けた撮影が効果的です。

圃場調査・撮影

圃場の分筆状況や、休耕地の位置確認、及び概略の作付け転作の状況を広域で撮影できます。
Google等WebMapでは確認できない「現在」の圃場状況を確認できます。
台風や竜巻などの被害状況は、上空から広範囲に撮影する事で、被害の概要を把握する資料になります。

記念空撮

学校の創立記念として、施設のオープン記念として、静止画・動画を撮影します。 静止画をパンフレットや、卒業アルバムに掲載する事で、思い出深いシーンを記憶でき、また、毎年撮影する事で、時と共に変化する、周辺の様子も記録する事が出来ます。 記念動画は、卒業生へのメッセージを添える事で、懐かしい思い出として、最高の演出を実現します。

動画撮影サンプル

機材の紹介・撮影の詳細

ファントム3 Professionalの詳細

  • 飛行中の画像を、スマートフォン・タブレットで確認しながら撮影を行うことができます。
     ※自動車等、電源に近い場所で操縦できる場合は、スマートフォンの画像をテレビでモニターすることができます。
  • 撮影時のカメラアングル調整は、水平~真下まで、操縦者から操作する事ができます。
     ※水平回転方向の調整は、機体を回転させます。(カメラ方向と機体方向は、常に一いたしています。)
  • 専用高性能ジンバルを搭載し、マルチコプターの傾きを完全に吸収しますので、安定した画像で撮影する事ができます。
  •  ※カメラと機体の傾きを固定して、実際に飛行しているような臨場感ある撮影も可能です。

機種スペック

ビデオ解像度 NTSC
(fps)
視野界
(FOV)
スクリーン解像度
アスペクト比
データ形式 静止画解像度 画素数 データ形式
4K(UHD) p25/ p30 94° 20mm
(35mm換算 f/2.8)
4090x2160 /3840×2160
MP4/MOV
(MPEG-4AVC/H.264)
4000x3000
4:3
12M
ピクセル
Jpeg
RAW
1080 (FHD) p60, p30 1920x1080
720 (FHD) p60, p30 1280x720

1回の撮影は10分を3フライト

  • 1回の撮影は、1フライト10分(離着陸含む)を3回までとします。(1フライトが5分の場合は約6フライト可能です)
  • 1フライトの間に動画と静止画を撮影する場合、静止画の割り込み撮影時に動画データが分割されます。
  • 2回以降の撮影が必要な場合は、バッテリーの充電時間が必要ですので事前にご相談ください。

撮影画像は当日にお渡し可能

  • 撮影した動画・静止画データは、編集を必要としない場合、撮影終了時に、お渡しする事ができます。
  • お渡しするデータ形式は、動画:MPEG-4・静止画:JPEGとなります。 (必要に応じてメディアをご用意ください。 )
  • ※PCでMPEG-4動画を再生するには、Windows7以降のマルチメディアプレーヤーが必要です。
  • ※OSがWinows7以前のPCの場合、MPEG-4動画再生には、対応アプリケーションのインストールが必要です。

動画・静止画の編集

(1)静止画像のレンズ歪み補正

  • 空撮画像はカメラを下に向けるほど、レンズ歪みが強調され、真下を向くとレンズ歪みが最大になります。
    静止画像ではこのレンズ歪みの補正が可能です。(補正に伴い画素数が低下する事があります。)

(2)動画編集

  • 撮影した動画の分割やシーンチェンジエフェクト連結、静止画像の挿入などの画像編集、タイトル・キャプション挿入などのテキスト編集、音楽やナレーション追加などの音声編集を行い、動画データとして作成します。
  • 作成データ形式は、PC・スマホで再生可能なMP4又は、m2t 形式です。 (スマホはMP4のみ対応)(必要に応じてメディアをご用意ください。)

ディスク作成(Blu-ray・DVD)

  • 編集済みの動画データをBlu-ray又はDVDディスクプレーヤーで再生できるディスクとして作成します。
  • 複数の動画データに再生メニューやシーンキャプチャーを追加して、1枚のディスクを作成する事もできます。
    ※この作業には、作成に為の打ち合わせと、数日の作成期間が必要です。
  • 標準のディスク形式は解像度保持の為、Blu-ray形式とさせていただきます。
    ※ご希望に応じて、AVCHD形式のDVD、DVD-Video形式も可能です。
  • ※DVD-Video形式は大幅な画質低下があります。
  • ※AVCHDディスクの再生については、DVDプレーヤーの説明書をご確認ください。
  • ※AVCHDディスクをPCで再生するには、対応ソフトのインストールが必要です。

料金プラン

簡易空撮

基本料金(人件費含む)
1撮影ごと 30,000 (税別)
1撮影 1フライト10分(離着陸含む) × 最大3回 (基本料金内訳:オペレータ人件費\20,000+撮影料\10,000)
基本拘束時間 2時間まで ※現地での打ち合わせ時間、現場間の移動時間を含みます
動画撮影 MPEG-4(MP4) ※音声は録音されません。
静止画撮影 JPEG(JPG)、RAW(DNG)
  • ※移動が長時間に及ぶ場合、別途移動費、交通費が必要です。
  • ※宿泊を伴う場合は、宿泊費が必要です。

受け取り用メディアを御用意ください。(USBメモリ、SDカード、ディスク)

  • ※ご希望により、弊社でデータメディアをご用意する事も可能です(メディア料金別途)

簡易空撮

2撮影以降
1撮影ごと 20,000 (税別)
1撮影 1フライト10分(離着陸含む) × 最大3回 (基本料金内訳:オペレータ人件費\15,000+撮影料\5,000)
基本拘束時間 2時間まで
  • ※現地での打ち合わせ時間、現場間の移動時間を含みます。
  • ※別途、バッテリー充電時間が必要です。
  • ※移動が長時間に及ぶ場合、別途移動費、交通費が必要です。
  • ※1撮影目と日付が変わる場合は適用されません。

動画編集

基本料金
40,000 円~(税別)

撮影した動画、静止画を編集して、動画データを作成します。(編集内容により料金が変わります。)
動画データはMP4又は、m2t形式でのお渡しになります。

受け取り用メディアを御用意ください。(USBメモリ、SDカード、ディスク)

  • ※ご希望により、弊社でデータメディアをご用意する事も可能です(メディア料金別途)

動画編集

動画分割 撮影した動画から使用するシーンを切り出します。
シーンチェンジエフェクト 切り替え効果を使用してシーンをつなぎます。
ワイプ挿入 メイン動画画面の中に、別アングルの動画画面などを表示します。
静止画挿入 動画の途中に写真画面を表示します。ワイプとしての挿入も可能です。

テキスト編集

タイトル挿入
キャプション挿入
エンドロール挿入
表示エフェクトにより動的効果のあるテキスト表現が可能です。

音声編集

音楽挿入 動画再生中に流れるBGMを挿入します。
ナレーション挿入 台詞、説明など声による音声を挿入します。
効果音挿入 シャッター音などの効果音を挿入します。
  • ※BGMに著作権保護された音楽(音楽CDなど)のデータは使用できません。
  • ※MP4データはWindows7以降のPCで、m2tデータはWindows8.1以降のPCで、再生可能です。スマートフォンはMP4のみ対応します。
  • ※Windows7以前のPCでは、対応ソフトのインストールが必要です。

DVD・Blu-rayディスク作成料金

マスター版1枚 10,000 (税別)

編集された動画データに、再生メニュー、キャプチャーメニューを設定したDVDディスク又は、Blu-rayディスクとして作成します。

標準作成形式 Blu-rayディスク(再生メニュー、キャプチャーメニュー付き)
  • ※動画再生時間10分~30分程度
  • ※ご希望によってAVCHD形式DVDディスク、DVD-Video形式でも作成いたします。
  • ※DVD-Video形式は解像度が下がります。
標準ディスク BD-Rディスク(片面25GB)
  • ※DVD形式の場合はDVD-R又はDVD-R DL
ディスク作成枚数 マスター版ディスク1枚(ディスクレーベル用画像作成は別途応談)
  • ※ディスクコピーは5枚単位で別途料金が掛かります。

データディスクをご用意ください。

  • ※ご希望により、弊社でデータディスクを用意する事も可能です。(メディア料金別途)

ご利用の流れ

お問い合わせ

まずはこのページのメールフォームに入力いただくか、お電話ください。

弊社よりご連絡

メールフォームから問い合わせいただいた場合は後日弊社からご連絡いたします。

打ち合わせ

撮影する対象、動画、静止画、撮影アングルなどのご希望をお聞かせいただきます。

  • 動画の場合は簡単な絵コンテなどがあると、ご希望をうかがいやすいです。
  • 静止画撮影の場合、撮影箇所の地図で撮影方向、アングルをご指示ください。
    • ※静止画の場合、時刻による逆光やプロペラ影の映り込みも考慮する必要があります。

撮影現地を確認します。

  • 住宅状況、道路状況、電線などの環境を確認し、ご希望の撮影が行えるかを検討します。
    • ※弊社では、国土交通省 航空局様より、新潟県全域での飛行申請を許可いただきました。【「人又は家屋の密集している地域の上空」を含む。】
    • ※場合によっては、テストフライトを行いますが、撮影はいたしません。
    • ※打ち合わせ当日に撮影を行う場合、テストフライトも1フライトと換算いたします。

概略のお見積もり金額を表示させていただきますので、ご了承頂ければ撮影を行います。

撮影

事前打ち合わせに沿った撮影を行います。

  • 撮影中は、スマートフォン画面で撮影画像をモニターできます。
    • ※静止画の場合、モニター画像とデータ画像が異なりますので、着陸後PCでご確認いただきます。
    • ※飛行体による撮影の為、風などの影響を受けますので、厳密なカメラ経路などには対応できない場合があります。
  • 動画撮影時のリハーサルにも応じます。
    • ※撮影当日のリハーサルは、テストフライト同様1フライトと換算します。
      前日リハーサルの場合はサービスフライトとさせていただきますが、撮影はいたしません。
  • 静止画撮影の場合、撮影枚数は問いません。
    1フライト(離着陸含む10分間)内であれば、出来る限りの撮影を行います。
    • ※1回のフライトを短くして、多くの箇所を撮影する事も可能ですので、ご相談ください。
    • ※マルチコプターの上昇速度は10秒ほどで高度60mに達しますが、降下には3倍の時間を必要とします。

編集・納品

動画、静止画とも1フライト終了ごとに、撮影画像をPCで確認していただきます。

全撮影終了後、室内で再度撮影画像の確認を行います。

  • 撮影中は、スマートフォン画面で撮影画像をモニターできます。

ご利用にあたって

注意事項

平成27年12月10日より航空法の改定に伴い、無人航空機の飛行ルールが施行されました。ご協力をお願いいたします。

  • 一般観衆を集客するイベント会場上空などの空域では主催者の同意が得られた場合のみ撮影を行います。
    上記の場合でも、マルチコプター墜落時の人身被害回避の為、比較的低高度での撮影とします。
    ※場合により、誘導員、監視員の配置をお願いする事もあります。
    ※弊社ではイベント会場などでの、人・物に接近する飛行および撮影について、国交省への飛行申請による許可を取得しています。
  • 住宅地など、民家の上空を撮影する場合、マルチコプター飛行コースの居住者による同意が必要です。
    ※弊社では、国土交通省 航空局より「人又は家屋の密集している地域の上空」の飛行許可を頂いております。
  • 撮影に際し、撮影アングルの打ち合わせや、撮影地の周囲状況及び、電波状況を確認する為のテストフライトを含む事前確認が必要です。
    ※事前確認が無い場合、撮影数が多くなります。また、場合によっては飛行・撮影が不可能な場合もあります。
  • 飛行及び撮影範囲は、マルチコプターの姿勢及び飛行状態をオペレーターが目視(認識)出来る範囲とします。
    ※地上モニターの視界のみによるマルチコプターの誘導飛行は行いません。
    ※オペレーターが危険と判断した場合は、飛行を中止いたします。

免責事項

  • 撮影した動画および静止画にご不満の場合は、基本料金内の撮影料金について、お支払の必要はありませんが、撮影したデータおよびメディアは、お渡し出来ませんので、予めご了承ください。
    なお、*実費および*オペレーター人件費は、お支払いいただきます。
  • 依頼者様の都合により、撮影日および撮影時間帯を設定し、当日の気象条件および依頼者様の都合で撮影が出来なかった場合は、*撮影料金の半額*実費および*オペレーター人件費を、お支払いいただきます。
  • 撮影前や撮影中の機材トラブルおよびオペレーターの都合により撮影が出来なかった場合、*基本料金*実費*オペレータ人件費の全てに於いて、弊社への支払い義務は一切発生しませんが、撮影出来なかった事を含むいかなる損害賠償責任にも、応じることは出来ません。
  • テストフライト等の事前確認が行われず、撮影当日のオペレーター判断により、撮影地及び撮影状況をマルチコプターによる空撮不可能として、飛行を中止した場合、*実費*オペレーター人件費を、いただきます。

お問い合わせ

お問い合わせについては、下記フォームより必要事項を明記の上、送信してください。

Page Top