耕地情報システムとは
耕地情報管理システムとは
耕地情報管理システムとは、これまでの図面・帳票・伝票などで管理されていた「農地・営農情報」をデジタル化し、GIS(地理情報システム)上で地図と連動した様々な利活用を行うことで、情報の検索や更新を迅速に行い、各種の農地経営状況や事業運営を効果的に推進できるシステムです。
特徴
安値で本格的なGISシステムを構築できる お客様側で自由にカスタマイズできる 1台のパソコンから導入可能で拡張性もある
導入メリット
これまで手作業で地図の切り貼り、色塗りをしていた「損害評価用地図」「防除散布地図」等の地図作成にかかっていた人員や、作業時間を大幅にカットできます。
様々な情報を活用した地図作成が可能になり、これまでの業務管理のストレスが軽減します。
導入までの流れ機能紹介
GISMAPに関する情報はこちら インフォロジーサイトにジャンプします

▲ ページ上に戻る

資料請求・お問い合わせはこちらまで。

導入事例紹介

耕地情報管理システム 導入事例 JAささかみ様
その他導入先
会社紹介
会社紹介
株式会社インフォース
農地情報管理システム・耕地情報管理システムの「GIS」、安くて簡単・自由にカスタマイズが出来ます。詳しい情報は新潟市の株式会社インフォースまで。