機能紹介
機能紹介
農地/農家管理・営農管理対応耕地情報システム
効率的なデータ入力支援
耕地情報管理システムパンフレット表示(PDF)


分かり易い情報入力画面

初めてでも分かり易い入力画面を用意、作業項目ごとに入力画面が整理されており、多くの項目が辞書からの選択式になっております。 辞書の内容変更、新しい辞書の追加も簡単です。

分かり易い情報入力画面
入力画面構成を変更可能

充実した属性情報を再構成して、オリジナルの入力画面を作成できます。 画面上の入力項目の位置変更や入力順序を設定することで、より分かり易い入力画面を作成することも可能です。 カスタマイズ機能と併用し、独自の作業手順に合った新しい入力環境を構成することで、入力の重複や再入力など、不要な手間を大きく削減する事が出来ます。

属性一括変更可能

該当する圃場をまとめて選択し一括で属性情報を更新することが出来ます。 例えば、大豆防除地図作成の際、耕作物「大豆」で防除「実施」の耕地を選択し、「実施日」「散布方法」「散布班」「使用薬剤」を一括変更するなど、変更漏れを防止することができます。 地図上から耕地情報を取得することも出来、地理状況を考慮した情報入力も可能です。

属性一括変更可能
作業メニュー・集計条件の登録

作業する項目をオリジナルメニューとして登録することで、不必要な機能に惑わされずに操作することができます。 図面作成条件・検索条件・集計条件等も事前登録が可能で、登録した条件を呼び出すだけで、各種の図面作成が簡単に行えます。 作業用分割図面も簡単な操作で出力することが可能です。

作業メニュー・集計条件の登録





スムーズな耕地情報の維持管理


簡単な分耕・分筆・合筆処理

営農情報や登記の変更、また、作業中に判明した分耕・分筆・合筆の処理を、地図上から簡単に処理することができます。 分耕された耕地の基本情報は元地の情報を引き継ぎますので、最小限の情報変更で、処理を完了する事ができます。 分耕変更された耕地情報は各種の作業情報に反映され、即座に地図を変更する事ができます。

簡単な分耕・分筆・合筆処理
地図上で区域割りを検討

これまで、様々な台帳と地図を見比べながら検討していた区域ごとの面積割りを、地図上に線を描くようにして簡単に検討できます。

また、地図上で検討できるため、移動経路を想定した効率的な区域確定が簡単に行えます。

地図上で区域割りを検討





応用力のある「情報点管理」


位置図付き帳票を作成

情報点管理では帳票を作成する際にGIS背景図から「情報点」を中心に配置した「位置図」を自動で切り出し帳票に張り込む機能が付いています。

わざわざ、別の地図を切り抜いたり、地図の張り間違えを心配する必要はありません。

また、添付資料として登録した写真を1枚だけ「状況写真」として自動で貼り付けることも可能です。

※資料の添付、写真付き帳票作成については、圃場などの面情報についても、同様の機能を搭載しております。

位置図付き帳票を作成





様々な耕地情報を地図上で管理


ビジュアルな耕地情報

既存の様々な台帳情報を地図の上に並べるだけで、耕地に関する様々な情報が見えてきます。

これから推進されると考えられる集落営農や担い手対策、また生産団地化の構想なども、地図と台帳を連結することで、スムーズな検討が実現します。

ビジュアルな耕地情報





幅広いカスタマイズ機能


カスタマイズ機能

管理されている情報に属性項目・付属台帳・帳票フォーム・オリジナルメニュー等を追加作成することで、独自の情報管理システムとして拡張することが可能です。

帳票管理・帳票追加

作成される帳票は、直接印刷の他に、Excelデータとして保存する事ができ、他のPCでのデータ運用も簡単に行えます。

また、追加帳票フォームもExcelデータからシステムへ登録して使用することができます。






多様な情報フォーマットに対応


多様な情報フォーマットに対応

別々に管理されていた地図情報・農地情報・営農情報を取り込む為に、柔軟性に優れたインポート機能を搭載。

Shapファイル・TXT・CSVデータ等を構成に合わせて取り込み、短期間でのシステム構築が可能です。

耕地情報管理システムパンフレット表示(PDF)

▲ ページ上に戻る

資料請求・お問い合わせはこちらまで。

導入事例紹介

耕地情報管理システム 導入事例 JAささかみ様
その他導入先
会社紹介
会社紹介
株式会社インフォース
農地情報管理システム・耕地情報管理システムの「GIS」、安くて簡単・自由にカスタマイズが出来ます。詳しい情報は新潟市の株式会社インフォースまで。