弊社、株式会社インフォースでは、
国土交通省 航空局様より、
弊社スクールのカリキュラムや、
技能認定内容(IDO講習)の承認を受け、
回転翼無人航空機の飛行に関する、技能認証実施 認証団体として国土交通省様のホームページに掲載されました。

Inforce Drone Operator」
スクールを
開校しました。
(以下IDOスクール)

IDOスクールは、きちんとした飛行技能や、飛行申請等のルールを守る、
「正しいドローンオペレーター」の育成を目的としています。
IDOスクールでは、国土交通省航空局から承認を受けた、IDOライセンスを取得することができ、
JUIDA・PDAと同様に、航空局への飛行申請の際に有効な技能認証として扱われます。

IDOスクールでは
こんな方々のご希望に
お答えします。

ドローンで
写真や動画が
撮りたい♪

家族や友達とドローンで楽しみたい♪

飛行操作に
自信が無い!

持っている・買おうと思っているが
とばせるかな?

許可や申請は
どうなって
いるの?

法律や申請って
どうなっているの?

スクールは
安く済ませたい

受講料は安い方が
いいよね

IDOスクールの特徴

弊社、株式会社インフォースでは、
国土交通省 航空局様より、
弊社スクールのカリキュラムや、技能認定内容(IDO講習)の承認を受け、
回転翼無人航空機の飛行に関する、技能認証実施 認証団体として国土交通省様のホームページに掲載されました。

IDOスクールの基本カリキュラムは2~3日間ですが、連続していなくても可能です。
都合の付く日程で2~3日間の「基本カリキュラム」を受講できます。
(申し込み時にご希望の日程をお聞きします。)

☆組織・団体等でIDO講習をご希望の場合は、出張講習にも適応します。

お持ちの機体で!

IDO講習では、技能検定は、既にお持ちのドローンを使用しますので、お持ちの機体に合った「飛行前の準備」から「飛行後の管理」までを身につけられます。
※機体の初期設定等はIDOスクールでご指導いたします。
(機体に添付のマニュアルを提出していただきます。)

受講前の飛行練習も飛行実績に

IDO講習受講以前の練習飛行時間も、飛行実績として加算することができます。
(アプリのログ等によって飛行時間及び場所を確認でき、日報を作成できる場合。)

各種申請書の作成も講習

IDO講習では、飛行技能、学科知識のほかに、国土交通省航空局への「無人航空機の飛行に関する許可・承認申請」「無人航空機の許可に基づく飛行実績報告書」の作成も講習します。

IDO技能認証を取得可能

IDOスクールの各カリキュラムの技能検定合格者は、Beginner(初級)、Advance(中級)、Master(上級)のIDO技能認証を取得できます。

許可・承認申請の一部を簡素化

IDOスクールでIDO技能認証
Advance(中級)以上を取得された受講者は、国土交通省航空局の「無人航空機の飛行に関する許可・承認申請」の一部を簡素化することができます。

ミニドローンを無料貸し出し

IDOスクール受講中は、自宅での室内練習用ミニドローンを無料で貸し出します。
(スクール受講中はカリキュラム内のシュミレータ練習及び、自宅でのミニドローン練習も、飛行実績時間に含まれます。)

IDO技能認証Advance(中級)の取得及び、航空局への飛行申請には10時間以上の飛行練習実績が必要です。

航空局承認IDOスクールの
技能認証(IDOライセンス)

IDOスクールは、国土交通省航空局の
承認を受けたドローンスクールですので、
飛行申請時の「飛行させる者の経歴・知識・技能」の証明として有効な技能認証
IDOライセンス)です。

Beginner(初級)ライセンス

Inforce Drone Operator Operator Class:Biginner

IDO認証Advanceの基準に満たなかった場合は、IDO認証
Beginner(初級)が受けられますが、飛行申請時の添付資料としては、使用できません。

Beginnerライセンスの有効期限は1年間としており、期間内に10時間の飛行実績及び、技能検定に合格する事で、IDO認証Advance(中級)を取得することができます。

Beginnerライセンスは、安全な場所で練習することを認める初心者用の認証です。

Advance(中級)ライセンス

Inforce Drone Operator Operator Class:Advance

IDO講習基本カリキュラムでは、IDO認証
Advance(中級)取得を目指します。

技能認定合格者には、IDO認証
Advance(中級)を取得することができ、飛行申請時の添付資料として使用できます。
Advanceライセンス有効期間は2年間とし、更新講習の受講で継続して使用できます。

Master(上級)ライセンス

Inforce Drone Operator Operator Class:Master

IDO講習追加カリキュラムは、IDO認証
Advanceの取得者で、以下の実績を有する方を対象とした、上級カリキュラムです。

Master(上級)ライセンス受講資格
○航空局への「飛行に関する許可・承認申請書」「飛行に係る許可・承認書」取得者。
○航空局への「無人航空機の許可に基づく飛行実績報告書」提出実績。
※許可・承認書及び、実績報告書のコピーをIDOスクールへ提出していただきます。
IDO講習追加カリキュラムの技能検定合格者は、Master(上級)のIDO認証が受けられます。

カリキュラム

IDO基本カリキュラム

IDO 基本カリキュラムは、IDO 認証「Advanceの取得を目指します。
Advanceの規定を満たさなかった場合、IDO 認証「Beginnerを取得し、1年以内のAdvance昇級を目指します。

  科目 講習内容 時間割
1

学科1 ①無人航空機に関する航空法令について
②飛行についてのルール ③気象に関する知識 ④ドローンの飛行理論
⑤ドローンの安全機能
10:00

12:00
実技 飛行前の安全確認
バッテリーの残量確認
通信系等、推進系統の動作確認
飛行練習
 IDO 技能認定Beginner(初級)項目の習得
  ①離着陸 ②前後・左右移動 ③水平面内の移動 ④90°回転
  シュミレーター・ミニドローン・実機を併用 室内での飛行を中心とする

 IDO 技能認定Beginnerの技能習得確認
13:00

16:00
学科2 日常点検項目
学科問題集による知識の習得
「無人航空機の許可承認に基づく飛行実績報告書」の作成
16:00

17:00

※横にスクロールします。

  科目 講習内容 時間割
2

実技 飛行練習
 IDO 技能認定Advance(中級)項目の習得
  ①左右ピルエット ②8の字飛行 ③Pターン ④8の字進入降下
  ⑤4ポイントピルエット~対面操作
  シュミレーター・ミニドローン・実機を併用 屋外での飛行を中心とする

 IDO 技能認定Advanceの技能習得確認
10:00

12:00

13:00

15:00
学科 「無人航空機の飛行に関する許可・承認書」の作成
②追加基準への適合 ③安全確保の体制
④学科問題集による知識の習得確認
15:00

17:00

※横にスクロールします。

  科目 講習内容 時間割
3

実技 IDO 技能認定Beginner」「Advanceの技能習得確認
 シュミレーター・ミニドローン・実機を併用 屋外での飛行を中心とする

※主にAdvance合格に対し、飛行時間が満たない受講者への追加講習
10:00

12:00

※横にスクロールします。

IDO追加カリキュラム

IDO 追加カリキュラムは、IDO 認証「Masterの取得を目指します。
IDO 認証「Masterは、他のオペレーターの模範となるライセンスレベルです。
IDO 認証「Masterの受講資格は、飛行承認の取得や飛行実績の提出等、条件が付加されます。

  科目 講習内容 時間割
1
実技 飛行練習
 IDO 技能認定Master(上級)項目の習得
  ①ホリゾンタル8 ②Nose in Tail in サークル
  ③Nose in Tail in ホリゾンタル8 ④旋回進入降下 ⑤周状目標追跡
 IDO 技能認定Masterの技能習得確認

※受講者が使用中の実機による実技講習 屋外での飛行を中心とする
※夜間飛行訓練については別途。
13:00

15:00
学科 「無人航空機の飛行に関する許可・承認書」の作成
追加基準への適合・安全確保の体制
学科問題集による知識の習得確認
15:00

16:00

※横にスクロールします。

IDO空撮技術カリキュラム(検討中)

IDO 認証「Masterの取得者を対象に空撮技術のレベルアップを目指すカリキュラムです。

  科目 講習内容 時間割
2

実技 飛行練習
 IDO 技能「空撮技術」編の項目を習得
  IDO 技能検定Advance」「Masterの確認 ②複合操作
  ③重要な操作 ④効果的な飛行ルート ⑤ブラインド効果

※ロケハン済みの撮影現場で行う、遠征撮影実習(宿泊を含む)
 実技講習終了後、オリエンテーションでの動画発表。
9:00~
(移動)
13:00~
(撮影)
16:00~
(オリエンテーション)
翌日9:00解散

※横にスクロールします。

動画編集カリキュラム

IDO 認証「Advance」「Masterの取得者を対象に、一般的な動画編集ソフトによる動画編集を行います。

講習内容 時間割
動画編集
 ①動画データの取り込み ②動画データの切り出し ③BGMの検索と動画データへの適用
 ④動画データの作成(再生時間3分以内)
  ※編集用動画データは、受講者持込の動画データを使用。
13:00

15:00

※横にスクロールします。

※講習用動画編集ソフト
 Corel Video Studio又はCyberLink PowerDirector

ご利用にあたって

Inforce Drone Operator スクール規定

  • Inforce Drone Operator スクール(以下:IDO スクール)は、空撮を目的として使用する回転翼無人航空機(以下:ドローン)の飛行に関し、安全飛行のためのルール及び知識と飛行技能の習得を目的とします。
  • IDO スクールの各カリキュラムを受講し、学科及び技能検定に合格した者は、カリキュラムに応じた技能認証(以下:IDO 認証)を取得することができます。
  • IDO スクールのカリキュラムが対象とする飛行方法は、目視内の遠隔操作を基本とし、他の飛行方法及び、高度150mを超える飛行・物件投下・目視外飛行・自動操縦については、IDO スクールの対象外といたします。 (飛行中の一時的な目視外飛行の対応、メーカー標準APによる自動飛行機能は、講習の対象といたします。)
  • IDO スクール各カリキュラムの受講は、IDO 認証の取得を保証するものではありません。

IDO スクール受講料金規定

  • IDO スクール各カリキュラムの受講料は、受講申し込み時に支払を完了し、支払い確認後にIDO スクールの受講を開始することとします。
  • IDO スクール受講料の、全部及び一部の返金は、受講者の如何なる理由によっても行われないものとします。

お問い合わせ・申し込み

お問い合わせ・申し込みについては、下記フォームより必要事項を明記の上、送信してください。

JavascriptがOFFですとメールが送信できません。必ずJavascriptがONになっていることをご確認ください。
お電話からもお問い合わせ・申し込みできます。

Page Top